失われた日本魂―超古代史が今、静かに動き出す

忌部大神宮

天日鷲命

 

忌部大神宮とは神武東征以後、阿波の国に創建された神社でした。その境内は「三里四方の霊地」と呼ばれていたことから、現在の大きさではなんと16km超四方のものとなったと言います。(基の巻 源頼朝のお墨付き 参照)

 

 

その敷地内は宮内山と呼ばれたそうで、現在も残っている地名です。 ご祭神は天照大神から葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)までの直系五代を祭っていました。

 

 

麻植國(おえこく)と呼ばれ、国司が宮司を兼ねると言う、国内には他に例がない日本一の大神宮でした。

 

 

ところがこの名実ともに有名であった大神宮が、平安時代に編纂された延喜式から意図的にはずされているのです。延喜式と言えば、当時の神社名鑑です。日本一の大神宮が通常では外れるわけがありません。

 

 

代わりに忌部氏の氏神(天日鷲命)を祭った忌部神社を創建し、さも忌部大神宮が延喜式に入っているかのように見せかけているのです。

 

 

忌部大神宮は1552年に三好康長に建物を焼かれ、その後再建しましたが、1585年に長曽我部元親に焼かれ、その領地も没収されてしまいました。

 

江戸時代に朝廷が忌部大神宮を再建しようとしましたが、忌部大神宮が復活すると阿波の藩主蜂須賀公の領地が減るので徳島藩に妨害されて復活できなかったと言います。

 

 

今あれば、その大きさは断トツで日本一、阿波の隠された歴史がもっとわかりやすくなっていただろうと残念に思います。

 

 

麻植(おえ)国の国司が大神宮の宮司を兼ねていたのですから、どれほどの権勢を誇ったのか、想像を絶します。今は美馬市が以前は麻植郡だったわけですから、麻植国とかなりかぶっていたかもしれませんね。

 

また、大神宮自らの資力で創建した維摩寺(現在の郡里廃寺跡)は白鳳時代創建で、法隆寺に匹敵する大伽藍でした。その話だけでも当時の権勢が偲ばれます。


関連ページ

阿波古代史について理解を深めるために
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!
阿波における天皇家の御陵極秘調査
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!
なぜに空海は四国で今でも絶大な人気を持っているのか?
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!
遍路道
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!
王宮跡地への気づき
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!
元伊勢の出発地である笠縫とは何か
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!
藤原京は二つあった!
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!
阿波郷土史の叫び
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!

トップページ 基の巻 発展の巻 自由発想の巻