失われた日本魂―超古代史が今、静かに動き出す

阿波における天皇家の御陵極秘調査

伊弉諾神宮

 

「基の巻 江戸幕府のお墨付き」でも書きましたように、元禄10年(1697年)11月19日、突然老中土屋相模守は徳島藩江戸留守居役を呼び出した上、覚書を手渡し「、阿波、淡路両国に在る古代天子葬之場を調査せよ」と極秘調査を命じています。これ以後徳島藩では普請奉行が中心となり、幕末まで阿淡二州の古代天子葬之場が続けられました。

 

 

ここでまず大事なのは、江戸幕府首脳も徳島藩も天皇家の御陵が阿波、淡路両国に在るとの認識した上での調査だと言うことです。

 

 

徳島藩は江戸時代、蜂須賀家が領主として阿波に入国しましたが、そこで阿波が天皇家の古代の聖地であることを知り、密かにいろいろと調査していて認識していたようです。

 

 

一方では江戸幕府は、現在は幻となっている「阿波国風土記」を密かに入手し(またはもともと手に入っていたのか?)、その実態把握に乗り出したわけです。

 

 

現在淡路にある一宮、伊弉諾神宮は、そのときの調査報告をもとに、そこが伊邪那岐の御陵であると判断し、その跡地に社殿を建立したものなのです。

 

 

徳島藩では、普請奉行猪子理五郎、森脇五兵衛、大原村千代が丸観音山にて一所懸命古墳調査をやったようです。この調査を受けてから、阿波国風土記に対する関心は、藩主や上級高取の間で当然のごとく起こり、他国から阿波へ入国した家中の連中も何年と調査を重ねるにつれ、阿波についていろいろなことがわかってきたわけです。伊邪那岐命、伊邪那美命を初め、数多くの古代天皇の古墳調査を幕命にて行ったことで、幕末の阿波国学者である池辺真榛、野口年長、新居正道、小杉榲邨らにつながっていくのです。

 

 

ですから阿波古代史の研究は、阿波においては幕末からみても100年以上、そのスタートからみればすでに300年間以上の歴史があり、現在の「邪馬台国論争」などとは歴史も真実性も違うということがわかっていただければと思います。

 

 

まあ、現在の畿内と九州間の邪馬台国論争をしているうちは、古代の本当の倭王朝の聖地が表に出ることはないので、隠しておきたい宮内庁等には好都合であるわけですが。(^_-)

 

 

そう、「邪馬台国」とは本来、「邪馬壹国」と書いて「やまとこく」と読みます。漢字に詳しい方に聞けば、「壹」は「たい」とは本来読まずに「と」と読むそうです。つまり、邪馬台は「やまと」で、未だに王朝は交替してないので、現在でも「邪馬壹」(やまと)王朝・「倭王朝」さらには「大和王朝」である訳ですね。


関連ページ

阿波古代史について理解を深めるために
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!

トップページ 基の巻 発展の巻 自由発想の巻