失われた日本魂―超古代史が今、静かに動き出す

何故に空海は四国で今でも絶大な人気を持っているのか?

空海

 

これは以前からの疑問でした。確かに空海はお遍路さんを創設した、庶民の中を回ってお寺を建立し、教えを説いて回ったなど、人気の理由になっているようですが、四国での絶大な人気の秘密が、どうもまだあるような気がしていました。

 

 

庶民の中で灌漑や土木を行い、治水や農業の進歩、発展に寄与した行基など、庶民に貢献したお坊さんは他にもいたはずなのに、そのような中で抜群の人気を誇る空海の隠された功績とは?

 

 

またお遍路さんはお寺だけで構成されているのに、その由緒書を書いた空海は、ほとんど神を称える内容ばかり残していると言われています。

 

 

お寺で神? お寺で神もではなく、神だけなのはなぜなのか? これも以前からの疑問でした。そしてこの疑問に対して一つの推論に到達しました。

 

 

空海はたぶん嵯峨天皇の勅命を受けていたのでしょうが、西国の巡業と称して消されてしまった天皇家ゆかりの跡地に神社・仏閣を建立して、自然と手を合わせる仕組みを作って行ったと思われます。祀っているのが自分たちの先祖故に、空海創建の寺の由緒書きが神だけだったのです。ちなみに八十八か所には空海の真言宗の他に天台宗4寺、臨済宗2寺、時宗1寺があります。

 

 

もしもあなたの偉大なる先祖の思い出の地があるとします。その地を自分たちだけで頑張って維持していたとします。その維持に苦労している時に、突然彗星のごとく若い僧が現れます。そしてその偉大な先祖の思い出の地にお寺を建立してくれたらどうですか?

 

 

そうしてみんなが知らなくても自然にお掃除をし手を合わせる仕組みを作ってくれたとしたら、感謝して末代までもその功績を語り継ぐのではないのでしょうか? そうした四国の方たちにとっては、本当に恩人なのが空海なのです。


関連ページ

阿波古代史について理解を深めるために
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!
阿波における天皇家の御陵極秘調査
隠された阿波古代史。そこを探っていくと超古代!日本人は世界を担う大変な役割を持っていたことがわかってきます。世界の中での日本人の役割とは?なぜ阿波は隠されたのか?えらこっちゃ、えらこっちゃ、よいよいよいよい〜!

トップページ 基の巻 発展の巻 自由発想の巻